タンス 配送 安い

タンスの配送費用を安くするならこちらがおすすめ

引越し タンス

引越し たんす

引越し 箪笥

箪笥 配送

タンス 輸送

 

タンスの引っ越し、意外と大変なのです。
大きいし、重いので自家用で運ぶのは難しいですね。

 

タンスを運んでくれる業者といえば、宅配業者や便利屋、引っ越し業者などがあります。
この中で1番数が多いのは引っ越し業者です。

 

競争がない業界は価格競争もおきにくく、費用が高くなる傾向があります。
引っ越し業者に見積もりを取って、いくつか比較することで価格もサービスも満足度が高くなります。

 

でも何度も問い合わせるのは大変ですね。
引っ越し業者一括見積もりを利用すると、簡単に見積もりの比較をすることができて、手間いらずです。

 

引っ越し業者にタンスだけ運んでもらうというのは気が引けるかもしれませんが、心配ありません。
引っ越し業者には大きな家具だけ運ぶというサービスがあります。

 

是非ご活用ください。

引越し タンス

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

 

引越しの価格と時期

 

引越し時期と繁忙期

 

引越し業者には繁忙期というのがあります。
繁忙期は引越しが最も多くなる3月で、新入学の大学生や新卒社会人、転勤のサラリーマンなど人が一番動く時期なのです。

 

この時期は引越し業者も、スタッフを増やしたり効率よく回るなどの努力をするのですが、それでもさばき切れないこともあるほどです。
繁忙期の土日祝日は、最悪どこも空いてなくて予約が出来ないなんてこともあるのです。

 

繁忙期にもし引っ越しをするのであれば、早めに引越し業者に見積もりを依頼して契約しておきましょう。

 

繁忙期といえど、どこの会社も一律同じ料金というわけではありませんから、見積もりを複数取って比較すれば安い業者を見つけることも可能です。これは繁忙期だけではなく通常期にも言えることです。

 

新居が決まったら早めに準備してお得に引越ししましょう。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し タンス オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用との合計です。
ではこの「オプション費用」とは何でしょう?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

1.エアコンの取り付け・取り外し
2.テレビの取り付け・取り外し
3.ハウスクリーニング
4.車の陸送
5.ピアノの運搬
6.ペットの運搬
7.殺虫サービス
8.荷物の一時保管

 

あると便利な有料のサービスが、オプションです。

 

エアコンの移設は配線や配管が複雑なので素人には出来ません。
しかしエアコンを自分で購入して設置した人なら、当然新居にも持って行きたいと思いますよね。
引越し業者のオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので便利なのです。

 

車の運転が得意な方は、車なんて自分で運べばいいのに・・・と思われるかもしれません。
しかし長距離を1人で運ばなければならない場合もあります。
時間に余裕があって、運転が苦じゃなくて、体力に自信がないとできませんね。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノはどこのお宅にもあるものではありません。
それに高級な楽器ですので、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないこともあるのです。
一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

レンタカーでの引越し

 

レンタカー引越し タンス

 

タンスを運ぶ費用を安くするために、トラックのレンタカーでの運搬も考えますね。
レンタカーで運ぶときの条件は@距離が近いこと A人手があることなどがあります。

 

普通免許で借りることのできるトラックは2t以下のトラックですが、普段トラックなんて運転しないし運転に自信がない方は軽トラックがオススメです。

 

トラックのレンタル料はだいたい1日7000〜10000円くらいです。
最後にガソリンを満タンにしてレシートを提示しなければなりませんので、ガソリン代もかかります。

 

これだけであれば安く引越しできると言えますが、箪笥の大きさによっては1人でトラックへの積み込み作業はできません。
手伝ってくれる人が必要です。

 

遠距離への運搬だと大変な上に費用ももしかしたら引越し業者や宅配業者の家財便の方が安いかもしれませんので、比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越しと挨拶のタイミング

 

引越し 挨拶

 

引越しのあいさつはできるだけ早く、できれば引越し当日に行きましょう。
遅くても引越し翌日までには行くのが一般的です。

 

なぜかと言いますと、引越しのときはどうしてもトラックを道路や駐車場に停めたり、ドタドタをスタッフの足音がしますから「騒がしくてすみません」という謝罪の意味合いもあるのです。
だから挨拶に行くのが引越し日でないと、誠意が感じにくいのです。

 

そしてやはり後になるほど挨拶に行くのが面倒になってしまうからです。

 

ではどこの家まで行くのがいいのでしょう?

 

一軒家なら向こう3軒両隣、マンションやアパートなら左右・上下の部屋に挨拶に行きましょう。

 

もちろん手ぶらで挨拶に行く方もいますが、お互いに初対面ですから熨斗に「御挨拶・氏名」を書いた粗品を渡すと名前も憶えてもらいやすくてオススメです。

 

手土産は高級である必要はありません。
500〜1000円程度のお菓子・お茶・コーヒーなどの食品やタオル・洗剤などの日用品などが人気です。

 

第一印象を良くするためにも挨拶には行ってくださいね。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

引越し 粗大ゴミ

 

家の中に捨てずに長年放置された家具や家電はありませんか?

 

これらの大きな家財を捨てる場合は、家電リサイクル法で定められた電化製品以外は「粗大ごみ」となります。
粗大ごみの定義は、一辺が50cm以上もしくは重さが10kg以上あるものです。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのは、エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機です。これらを処分したいときはこれらの家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

 

リサイクルするにはリサイクル料がかかります。
もし家電をネットで買った場合やすでにお店が廃業している場合など困った時は、お住いの自治体のクリーンセンターに相談してみましょう。

 

 

さて一般的な粗大ゴミはどうやって廃棄するのでしょう。
廃棄する方法には2通りあって、A:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)があります。

 

Aの方法は最初に粗大ゴミの処理施設に電話をして、回収に来てもらえる日を予約します。
次にコンビニやスーパーで売っている「粗大ごみシール」を買います。

 

粗大ごみシールの値段は、粗大ごみの種類によって異なります。
このシールは回収手数料なので、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。

 

自分で持って行く場合でも、まずは粗大ごみ処理施設電話でいつ持って行くか予約をします。
捨てるまでに少し時間がかかるので、予約制なのです。

 

電話予約の際に捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れしないようにメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認した後、車ごと計測器に乗って計量、粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。

 

廃棄量が100kgを超える場合は手数料がかかることがあります。
この場合はごみシールは必要ありません。